マンションを売る

今すんでいるマンションを手放したいときまず気になるのはいくらで売れるかだと思います。

高く売りたい売主
安く買いたい買主

どちらも納得いくことはまずありえません。
そこできちんと査定をうけて売るほうも買うほうも納得出来ることが望ましいです。

ではどこで査定を頼めばいいのか。

今はネットで簡単に無料査定してもらえます。
マンション無料査定と検索してみてください。
比較が出来るともっと良いですね。
納得いくまで調べましょう。

評価項目

マンションを買う人にとって価格はもちろんですが環境や便利性が重視されることが多いです。
その中でも一番優先されやすいのが交通の便利性です。
なので交通の便利性はマンション査定の重要な評価項目となります。

ではその内容は
・駅から徒歩何分なのか
・都心や主要駅にアクセスしやすいか
・特急列車や急行列車が停車する駅なのか
交通に関してはこれらが重視されます。

次は環境です
・公園や図書館までの距離
・買い物に便利なスーパー・商店街・コンビにまでの距離
・郵便局・病院・各役所・小中学校までの距離

などです。

以上は査定価格を上げる重要なポイントとなります。
そして上記を一つでも多く満たすことで売りやすいマンションといえます。

方位や階数と査定

次にマンションの階数、日当たり、眺望による評価です。

新築分譲の場合、上階ほど価格は高くなります。
中古マンションの場合も所在階が上がるに従って価格が上がる評価方法が採用されることが多いようです。

方位に関して
一番はやはり南向きです。
東向き・西向きは南向きより−5%
北向きは南向きより−10%
とい評価が主流です。

結果
日照時間が長く(南向き)眺望や風通しが良い(上階)査定評価が高くなる傾向があります。一番需要があるということです。

マンションの管理状態と査定

新築と大きく違うのはマンションの管理状態も大きく影響するということです。

マンションの管理状態とは
・階段やエントランス他共有部分が綺麗に掃除されいるか
・管理組合が機能しているか
・修繕積立金や長期修繕計画がきちんとされているか
・管理人の定期巡回はされているか

などです。
それにかかわる査定評価
・清掃状態が良好では+2、汚い場合−2(普通は±0)
・管理組合の運営が良好な場合+3、特に劣ると−7
・大規模な修繕が無借金で出来る+3 修繕積立制度が無い−5
・管理人が毎日常駐+2、巡回もない−8(週5日で±0)

以上が大まかな内容です。
管理が悪いと資産価格を下げてしまうのはもちろん、買い手の意欲をなくしてしまうことになります。
そうならないために 日頃からマンション管理組合へ積極的に住民が参加することです。
また、専門家に頼みアドバイスを受けることも良いのでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。